AWSでドメイン取得からブログ公開までの流れ

今回作業した流れとして

  • Route53でドメイン取得
  • ブログ公開用Bucketの作成
  • DNSレコードの設定
  • Bucketへアップロード

といった感じです。
今回はマネジメントコンソールからRoute53の設定を行いました。

ドメインの取得

まず、好きなドメインを取得しましょう。

ブログ公開用Bucketの作成

Bucketの作成方法は以前のエントリで触れていますが、ドメインを使う場合にはBucketの名前を得したドメインで作る必要があります。

取得したドメイン => example.com
DNSレコード => blog.example.com

とした場合、Bucket名も同様に

Bucket名 => s3://blog.example.com

となります。

Amazon S3とHugoを利用したBlog作成

DNSレコードの設定

取得したドメインにDNSレコードを設定します。
「Create Record Set」でAレコードを設定します。
Aレコードを設定する時に、AWS独自のAlias機能を使用しました。
Aliasの設定を「Yes」にすると、Alias Targetが選択できるようになるのでS3のEndpointを指定します。
これでDNSレコードの設定はとりあえず終わり。

Bucketへhtmlファイルをアップロード

あとは、作成したBucketへhtmlファイルをアップロードすれば表示されるはず…

 
comments powered by Disqus